お米マイスターとは?
お米マイスター誕生経緯
”米”は、日本においては、古くは戦国時代には、自分の領地で穫れるお米の石高が、その武将の力を現していました。
武士は、農民より年貢という今でいう税金を、”お米”で納めさせていました。
”お米というのは、お金と同じ価値のあるもの”なのです。
近代日本においても、お米は、政府の管理下のもと、流通されていました。
そして本来、”お米の販売”は、戦後の配給制度より、食糧管理制度においては、販売を”許可されたお米屋さん”のみが行うことが許されていたのです。
しかし、1995年より施行された、新食糧法においては、販売する者は、県に”登録”することにより可能となり、そして2004年の改正においては、”届出”することにより、誰もが自由にお米の販売をすることが可能となってきたのです。
今では、お米はスーパー、コンビニ、薬局など至る所に並べられ、乱売されています。
”本当に美味しいお米、安心して食べれるお米はどれなんだろう!”
消費者のこんな疑問に答えることが出来る、そんな人が必要です。
そして、それこそが、”お米マイスター”なのです!
知識力の三ツ星、技術力の五ツ星
お米マイスターには、三ツ星お米マイスターと五ツ星お米マイスターがあります。三ツ星お米マイスターは、平成14年度から試験を実施し、平成20年 1月現在で全国に3944名が認定されております。
三ツ星お米マイスターの資格習得のためには、約1日間の認定講座を受講し、その後の認定試験を受験。主に、お米に関する知識的実力を判断し、資格認定をします。三ツ星お米マイスター資格取得後に受験が許されるのが、五ツ星お米マイスターです。
”知識力の三ツ星”に対して、五ツ星お米マイスターの資格取得には、技術力が必要となります。
玄米の判別能力、炊飯クレームの対応能力、お米の品種や成分などの説明能力を認定試験で問われます。
認定試験は、試験官と1対1での口答回答方式の試験です。そして認定試験当日までに、”お米のブレンド技術、精米技術”を判断するための課題が与えられ、認定試験の最後には、ご飯の食味を判別する”食味官能試験”も実施されます。
これら”技術力”を問う認定試験が平成16年度より行われておりますが、これまで平成20年10月現在で、全国で284名が認定。
いまだ三ツ星マイスターの1割にも満たない程、厳しい難関となっています。
水分計・白度計写真
ニシタ米穀株式会社には、五ツ星、三ツ星、両方のお米マイスターがいます!
平成14年度”お米マイスター制度”スタートまもなく、当社の社長が、加古川市で初めての”三ツ星お米マイスター”を取得しました。
その後、平成20年10月には、念願の”五ツ星お米マイスター”も取得、こちらも加古川市では初、兵庫県においても8人目となります。
当社社員も、平成19年に”三ツ星お米マイスター認定試験”に挑戦、3名が合格しました。
ニシタ米穀株式会社は、五ツ星1名、三ツ星3名の計4名の”お米マイスターのいる店”なのです。
お米のスペシャリスト=お米マイスター
マイスター(MEISTER)は、ドイツ語で、「巨匠・師匠」の意味です。
隣人の国ドイツでは、優れた技術者を育てるために、マイスター制度を設けて、厳格な運営をしてきました。
お米マイスターは、日本米穀小売商業組合連合会が主宰し、お米に関する専門職経験を持つもの、すなわち”お米屋さん”しか受験する資格はありません。
お米マイスターの資格は、いわば、お米のスペシャリスト、お米の博士号とも言えるのです。
お米マイスター ニシタくん
お米マイスターについて
取りっぱなしの資格ではない、お米マイスター制度!
お米マイスターには、”常に新しい知識を習得し、消費者に伝えること”が義務づけられています。
そのため、”資格を取りっぱなし”は許されません。
毎年、全国各地で、”お米マイスター更新講習”が開催され、少なくても、3年に一度は、この1日講習を受講しなければ、資格が更新されない仕組みになっています。
”常に勉強!”それが、お米マイスターの使命なのです。
ニシタくん
お米マイスター”が目指すもの
”ごはん”を中心とした食生活は、バランスの良い健康的な食事として世界中から注目されています。
日本古来の優れた食文化、お米文化を見つめ直し、ごはん食を中心とした健康的な食生活と、“ごはん”の美味しさ、素晴らしさを多くの食卓にお届けし、未来へと受け継いでゆきたいと考えています。
現在、私たち、”お米マイスター”は、地元の小学校において”ごはんパワー教室”を実施。次代を担う子供達に、”ごはん食”の素晴らしさを伝えています。
「ごはんパワー教室」の様子
「ごはんパワー教室」について
COPYRIGHT ニシタ米穀株式会社